8ビット箱

ディグダグ

Dig Dug

ナムコのディグダグ(Dig Dug)もPC-6001mk2で遊べてしまうことに。 でもなぜか他のDigDug移植版に比べると、ちょっと影が薄い気がする。 Wikipediaにも載っていないし、どうしてなんだろう。

Dig Dug

MODE 4を使うっていうのを初めて説明書を見たときには、PC-6001(パピコン)でも遊べるのかな?と思ってしまうんだけど、対応機種としてはPC-6001mk2以上っていう、ややトリッキーな作り。 ゲームはちゃんとPC-6001mk2の解像度で動いているわけで、魔法をかけられてしまったようなちょっと不思議な気分になってしまう。 この感覚はPC-6001mk2ユーザじゃなければわからないと思うけど……。

Dig Dug

PC-6001mk2向けの移植度としては完成度高いと思う。 BGMもそこそこいい感じに再現されている。 全体的には少し動きが遅い感じもするけどよくここまでPC-6001mk2で再現できたなぁって個人的には思うわけで。

Dig Dug

プーカァの膨らみ方もゲーセンと同じ感じ。

Dig Dug

ベジタブルターゲットもちゃんと出てくるし。

Dig Dug

ステージを進めていくと、地面の色もちゃんと変わりますし。

Dig Dug

そしてコーヒーブレイク画面まであったりするわけで。
これはPC-6001mk2版だけなのかな?

ちなみに「ディグバグ」ってのもあるけど、全然違うので。

 [feed]


(C)2013-2022 hide.h all rights reserved. powered by all of my old memories.