8ビット箱

Analogue Pocket

Analogue Pocket

Analogue Pocketが2022年12月27日到着。 ホワイトとブラックをそれぞれ買って、どちらも無事に動作して不具合は無さそうな感じ。 ちなみにGroup B: Q4 2022だったから宣言通りギリギリ到着。 普段使い用としてどっちの色にしようか?ちょっと悩んだけど、ブラックの方に決めた。 ホワイトの方は汚れが目立ちそうなのと、経年による日焼けで色が変化しそうな気もして。

Analogue Pocket

持った感じちょっと重いけど、自分の手の大きさにちょうど合ってて持ちやすい。 ゲームボーイアドバンスSPでプレイする感じに少し似てる。 しかし長時間連続で遊ぶにはちょっと重いかも? 慣れるまでは上部のLとRのボタンが少し押しづらかったけど、十字ボタン、ABXYボタン(公式FAQではBAXYと記載)は押しやすくて操作しやすかった。 ボタンを押すときの「かちゃかちゃ」って音はちょっと大き目。

Gameboy Advance Balloon Fight

画面はとても明るくて鮮明で見やすい。 結構感動したのは各歴代ゲームボーイの液晶画面をいい感じに再現されていることで、自由にいつでも(ゲーム中でも)簡単に切り替えできる。

Gameboy namcot PAC-MAN

これが「オリジナルゲームボーイ」画面の再現。

Gameboy Pocket namcot PAC-MAN

「ゲームボーイポケット」画面の再現。

Gameboy Pocket namcot PAC-MAN

「ゲームボーイライト」画面の再現。

Piball Neon Matrix namcot PAC-MAN

あと他に「ピンボールネオンマトリックス」っていうのもあって、これは昔ながらのピンボール台によく見かけるあの赤っぽい液晶表示を再現。

Gameboy namcot PAC-MAN

自分としてはやっぱりオリジナルのゲームボーイ画面。 だからと言って映像の残像は無く、懐かしい画面でありつつも、シューティングゲームなどが遊びやすいのが嬉しいかも。 Analogue Pocketでまた初代ゲームボーイで遊んでる感覚に戻ることができて感動的。 オプションで売られるカードリッジアダプターを使って、他のゲーム機のゲームも遊べるようになるので、この広くて鮮明に表示できる液晶画面は大活躍しそう。

Gameboy advance ATARI PaperBoy

ところで、ATARI Lynxなどが遊べるようになるオプションをオーダーしてるけど、いつ届くのかはまだ不明。 この画面はLynxではなくて、ゲームボーイカラー用のペーパーボーイ。 Analogue Pocketを買った最大の理由は、ATARI Lynxのゲームを遊ぶために買ったようなものなので、かなり待ち遠しい。 とりあえず今はこのゲームボーイカラーのペーパーボーイで遊びつつ待つことに。 ATARI Lynx実機でもペーパーボーイは遊んでるけど、Lynxの液晶画面ってめちゃくちゃ見づらい……。

Gameboy advance ATARI PaperBoy

音質はなんとなく初代ゲームボーイに近い感じだけど、音量は結構大きくできて、屋外でも十分遊べそう。 と言っても、自分としては家の中でしか遊ばないから、音量はめちゃくちゃ小さめだけど。 スピーカーは左右にあってステレオ対応。

そしてスリープ&レジューム機能がめちゃくちゃ嬉しい。 ポーズして電源入れたままで何日も放置するのはちょっと気が引けるけど、クリアまで少し時間のかかるゲームでもこの機能を使えば安心してゆっくり遊べる。 セーブできないゲームはたくさんあるし、そういうゲームにも活躍できる機能。 ただ、電池切れのゲームでセーブできないものは、この機能で補うのはちょっと無理な気がする。 ってのも、セーブできるゲームって、何か失敗したときにちょっとだけ前の状態へ戻してやり直したくて、そういう時にわりと使うし。 Analogue Pocketに、そういったスナップショット的な機能があれば、電池切れゲームも快適に遊べるのになぁ、とか思ったり。 贅沢な願いかな。 今後のアップデートで対応してくれると嬉しいけど、そもそもゲーム自身の使えなくなった電池を交換すればいいって話だったりも。

互換性については、今のところ変な挙動とか一切遭遇していなくて、持っているゲームは全て問題なく動いてる。ただ、ちょっとだけボタン・キーの反応(レイテンシー)が良くなってるような気が……気のせいかな? ボタンを押した時、実機だと少しレイテンシーが感じられるゲームがいくつかあって、当時からそれはゲームの仕様だと思って遊んでたけど、Analogue Pocketで遊ぶとほとんどレイテンシーが感じられなくて。 個人的には昔から今もPCで動き激しめなFPSゲームとかやってるから、レイテンシーの感じ方はわりと敏感な方だと思うんだけど。

電池の減り方としては、少し早いかな? 家で遊ぶから大丈夫だけど、出先で遊ぼうと思うと充電用バッテリー持っていた方がいいかも。 どれくらい連続で遊べるかは試していないけど、フル充電から1時間くらい遊んでたらバッテリー残量が80%になっていた。 液晶のバックライトが負荷高いのかな? 公式FAQページには6~10時間くらいという情報があるけど、この減り方でいくと5時間くらいが限界のような気が。 電池残量が0%になるまで遊べない気もするし。 (ゲームによって電池の持ちは違ってくるとは思うから、この情報は参考程度に捉えてもらえれば。)

Analogue Pocket Hard Case

あと、ケースも買ってみたんだけど、期待しているのとは違っていた。 てっきり「ケースに入れても、そのまま遊べる」という大きな誤解をしていたわけで、ケースに入れたらボタン類も押せないので、本当にいわゆる「ハードケース」。 これは使わず保管しておくことに。

やや懸念してる点としては、今後のサポート。 公式サイトに電池の交換も受け付けるという明記はあるけど、当然日本から海外へ送らないといけないし、どれくらい長くアフターサポートされるのかは不明。 修理とかもいつかはお世話になる時が来るかもしれない。 そういう意味もあって、ちょっと値が張るけど2台購入したってのが、この理由でもあったりするわけで。

大切に長く愛用したいと思う今日この頃。

  RSS feed

 


(C)2013-2023 hide.h all rights reserved. powered by all of my old memories.